スマートフォン

Softbankのスマートフォン「iPhone」

スマートフォンと言えば「iPhone」というくらい、そのインパクトは衝撃的でした。
「iPhone」のおかげで、スマートフォン市場が広がったとも言えるのではないでしょうか?
2007年にApple社から販売開始された「iPhone」。
世界中で、大ヒットとなりました。
国内では、ソフトバンクから販売されていて、スマートフォンを利用している半数が「iPhone」だと言われています。
それくらい、「iPhone」は急速に広まっていきました。
この「iPhone」は、Apple社の「iPod」としての音楽や動画の再生機能なども兼ね備えた、統合スマートフォンと言えます。
現在は、「iPhone4」が販売されています。

当初、スマートフォンとはどんなものかといったことを知らず、そのイメージから飛びついたユーザーも少なくありませんでした。
しかし、スマートフォンと言うのは、日本独特の携帯電話事情を受け継いでいないため、不満を訴えるユーザーがでてきました。
「ワンセグ」「おサイフケータイ」「赤外線通信」といった機能が使えなかったのです。
そのため、「iPhone」と従来の携帯電話の2台持ちなんて人もいるようです。

「iPhone」は、Apple社から発売されており、パソコンでいえば「Mac」です。
スマートフォンの機能として、パソコンのような使い勝手、アプリをダウンロードするといったことができるのですが、この媒体が「Mac」となります。
ですから、FLASH対応していない「Apple社」の「iPhone」では、FLASHやJAVAが含まれているウェブサイトを表示することができないようです。

スマートフォンは、アプリをダウンロードし、自由にカスタマイズすることができます。
しかし、iPhoneでは、iPhone対応のアプリ以外は使えません。
現在は、このアプリの数は、Android携帯とくらべ、倍くらいの数があるそうです。
先行的に広がったのが「iPhone」でしたので、これは当然かもしれませんが。
ただ、iPhone以外のスマートフォンが多数販売されるようになっているので、今後はどうなるのかは予測ができません。
今の時点では、自分にあったアプリがたくさんあるのも「iPhone」のよいところですね。

スマートフォン比較ランキング【ドコモ・au・ソフトバンクのスマホ】メニュー

手持ち資金